さんざめき

2015年07月07日


会え一之后好像还有说"で、恋しい思いはそんなにの长い!永远の待ち伏せ里、亲爱なるあなた、葦の明遼:じゃあ、ロマンチックな小屋で、何人でここで待っていた耳鼻喉專科醫生夕暮れの、あなたのために絶えず地点から不滅のコーナーですか?葦の明遼:じゃないから来た夜、私が向かい合って星空、承诺ほどたったあなたの愿いですか?あなたを想像するのでは、すべての執念で見守るあなたの夜、私の涙を流しているかどうかについても化を見たらあの最も明るい星が?

もう夜の深さになった。しばらく浮世の喧騒を締め付けて静かでした。窓の外の、十七の月が依然としてそんなに丸くによって飄々としなければならない。たま壹美健 水光槍に、遠くの方から聞こえてくることもできた辺は細いひぐらしだった。遅く寝人家の灯火の中から一缕の、私の心に、漫无边际、懐かしさの傷に、声を出さずに诉え!

窓の外の哀調を、相変らずのような明るい、のような高。都市の両端に立って、いまのあなた、可もベランダに立って、私と一緒に空を仰ぎのぞんでこの自己染髮優しさの月、肌で感じる彼女が降り注ぎわれげっこうだったのだろうか。できる明わかっていない。私のあなたに対する恋しい思いの上には、心はその次の美しい十七の満月の輝きが里だったのだろうか。

おやすみなさい、吾爱だ!私は信じて、この明媚な哀調を里、亲爱なるよ、きっとアタシ求満月のあなたに无尽の爱は、无限の懐かしみます!愿いの明月キスをしている君の額の愿いをこめて微君の頬をなでた。私は无限の想いと化す一曲が最も热情のセレナーデ、连れあなた][!
苦しみや悲しみの多い人が、自分は神に愛されていると分かった時、すでに本格的に人生の軌道に乗ったものといってよい。



Posted by やそれでは at 11:20│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。