スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

にわかりやすいよう

2015年10月29日



先生、エコヒーキしてくれて、ありがとう。
(わたしは、エコヒーキされない側、気に入ってもらえない側だったけど)
先生、兄弟姉妹といつも比べてくれてありがとう。
(わたしは、いつも、「君の兄さん、姉鑽石水さんは、君よりもっと優秀だったよ」と言われ続けていた)
おかげで、すっかり、ひねくれて、強い子になりました。
少々、辛い目にあっても、辛いと感じたことは、なかったなあ???
根っから鈍感なところを、益々、鈍感さに磨きをかけて鍛えてくれて、ありがとう。

ヤなヤツですね、わたし。



もっと純粋なこと、書きたい香港遊なあ???
「わあ、美しい、清らかな、こころ。読んでいて、こころが洗われます!!」
と、感動して思ってもらえるような。

???無理???
哀しいかな、根っから腐っていて、書けない???
腐ったホンネしか、書けない???



とりあえず、今日は、ブログ更新から時間を使ってみよう。
さあ、書くぞ!! 時間は骨傷確保した!!

そう思って、パソコンの画面に、前のめりになりつつ、イスから上体を近づけ、やる気むんむん。

?????

いざ???!!
となると、わたしは、ダメなタイプだ。
時間がなくなって、時間に追いかけられないと、走れない。
人生、何事も受身タイプ。

今日で有効期限が切れるマイレージが、ある。
あれを先に手続きしようか。
小説、下書きしてるものを手直しし、続きをちょっと書こうか。
それから自分のブログ更新に行ってもいいよね???
なんて、ブログ更新の順序を後にすると、やはり、ブログ更新は、終了時間をオーバーしてしまい、
そして、バスに乗り遅れ、タクシーとなり、乗車運賃の高いほうの電鉄会社利用になり、さらに???
さらなる遅刻は、お金では穴埋めできないことになって???(これは、昨日、書いた)

じゃあ、帰宅してから更新すればいいじゃない?
なのだが、わたしの楽しみは????なんと、行き帰りの電車の中で、自分のブログを読むことなのだ。
べつに、超?ナルシストでもないし、自意識過剰でもないし、自己顕示欲の塊なわけでもないのだが、
自分の考えを整理したものを、ふむふむと、改めて、また読み直す。
「自分」の感じたこと、思ったことを、「自分」に、うまく表現で来ている。
あたりまえだ、自分が、自分のことを書いているのだから。
取材も、聞き取り調査も、なにもいらない。
直接、考えたり感じたりしている人と、筆者が、同一人物なのだから。
第三者の手に委ねられていない。
  


Posted by やそれでは at 09:48Comments(0)

わたしの愛車を飛ば

2015年10月22日

マイノリティ、少数派志向は、わたしのリアル?私生活にも通じるものがある。
唯一無二のものが、好きだったりする。
独創性、オリジナリティ。
真似するもの、お手本とするものがないと、仕方なく、試行錯誤して、自分専用をカスタマイズする。

多くの人と、わいわいやるのは苦手で、いっし高麗蔘ょにいるのは、ゼロもしくは、一人。
ゼロでも、まったく苦にならない。
というか、多くの人々は、苦になる。

しかし、仲良しさんだけが、「みんなは、なんで、俺らの良さが、わからんのだろう?」と、
世間に背を向けて、こじんまり小さく盛りnu skin 香港上がる、っていうのも、
わたしの場合は、なんか、ちょっと違ったりもする。
傷を舐めあったり、慰めあったりしない。

賛同者は、一人いれば、それでいい。
一人もいなくても、全然、構わないぐらいだが、やはり、一人欲しい。
でも、多くは必要としない。

お世辞や社交辞令を言い合う、わいわいガヤガヤは、居心地が悪い。
人の目には、「スローの、すっ韓國人蔘ぱいブドウ」、と、映るかも知れないが。

そう言いつつ、リアル世界では、
口から出まかせに、お世辞たらたら、誰かれなくニコヤカに愛想を振りまいて、
正反対の振る舞いをすることも多々あったりする。

人間は、矛盾する生き物だ。2013-01-14 | 日々のこと

ブランデー、パイプ、モーツァルト、ロッキングチェアー、読書???

ねえ、あなた。
今も窓辺に、あなたが見えるようですわ。
でも、わたしを残して、先に、いっちゃいましたね。

ローズティー、手作りクッキー、花柄のルームシューズ、イングランド製タータンチェックのひざ掛け、アルマの香り???
ローズガーデンの隅に植えられたハーブを採ってきて、今夜のメニューにハーブを入れよう???

なんちって、なんちって????
これ、老人ホームで20平方メートルのお部屋に暮らす、わたしの将来。


日本庭園を前に、ぽかぽか日差しの縁側で、居眠り。
これは、おそらくないように思う???。
それは、記憶の中に、永遠に映る残像となるかも知れない。


昨夜、手巻き寿司をした。
具が、いつもになく、豪勢だった。
(滞在中の二人に、スーパーまで、して買い物してきてもらった)
具のなかで、
ウナギが高かったということで、サンマの蒲焼(2尾280円)を買ってきてくれていた。
サンマの手巻き寿司、初めての経験だ。  


Posted by やそれでは at 17:40Comments(0)