スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

新王国設立のためこの

2016年01月25日



「ふん、なるほどな水車小屋に隠れたか。ザラムよ、ひと思いに焼き払え!」
「おやおや、ヨミの戦士にしちゃあ子供相手にそんな事までするとは落ちたものだねえ。見ちゃいられない」
「シルティ、余計な事を言うな、ダーマの命令は絶対だ。お前も知っているだろう」
そう言うとゴラムはミナに巻き付けた糸を器用に交差させ一気に左右に引き絞った。
辺り一面に血しぶきが飛び散り、ミナの体が幾筋も深く切り刻まれた。血だらけの巫女は声も上げず倒れた。ゴラムはしかし冷淡に白装束のアゲハに言った。
「所詮、覚醒もしていない巫女などこんなものだ。シルティ、残りの生気はお前にやろう。少ししか残っていないがな。お前の術は次にとっておけ、俺はガラムのところへ行こう…」


「さて、巫女たちの生気をいただこうかね」
ラナに近づき口吻を伸ばそうとしたシルティはその巫女が持っていた刀が粗末な事に気付いた。ガラムを切ったのは刀ではなくラナの持つ『ヒメカの力』だったのだ。力は戻っていた、それをなぜ使わなかったのだろう。ラナに呪力のかけらも残ってはいなかった。傍らのミナの体はあまりにも惨かった。ラナの上着をとりミナにかけようとした時シルティはミナの『最期の術』にかかった。彼女は暫くそこにいたが、どこかへ立ち去っていった。親子二代のオロスの巫女はヨミの戦士によりその最期を終えた。時を待たずに、大きな音とともに裏の水車小屋が崩れ落ちた。

「どうだ、ゴラム。娘は死んだか?」
「とっくに反応はない、帰るぞ。次はシルラそしてマンジュリカーナだ…」
水車小屋の中では、気を失った娘の上に焼けた屋根材が次々と崩れ落ちていった。その胸には『守り刀』が光り輝いていた

「パリーン」
香奈は夫のお気に入りのコーヒーカップを落とした。オロスの巫女の最期をそのとき知ったのだ。

「そうかそれでいい、オロシアーナの最後は見届けたのだな」
ダーマは上機嫌だった。それは黒衣の下の体が成長している事にも関係していた。
「ムシビトに寄生したわしの分身がこうして養分を送ってくる。かつての様に…」

「シルラ王の方は片付くのか?ダーマ」
「実験失敗で意外と簡単にな、ククククッ」


第三.五章 闇の巫女『シルティ』

<新吉>カタビラアゲハ『シルティ』は過去の恨みからダーマの仲間となった。始まりはこの話からはじまる。(エピソード2.3と重複?抜粋しています)

さまようアゲハ

「ついに『ラクレス』様の動く時がきた」少し興奮して『フランタイヤンマ』は恋人の『カタビラアゲハ』に告げた。

「ヤンマ様、ご武運をお祈りしています」
「ああ、シルティ(カタビラアゲハの名)。王の理想、命を賭けよう。その後、きっと私の妻になってくれ」

「もちろんです、そのために…」
彼女はセブリアのフランヌとともに、巫女の修行をしていた。止まぬ大雨と原因不明の奇病『眠り病』が蔓延するセブリアを救うために、王国をもう一度作り直す。『イトの封印を解き放ち自らその寄り代となり王国を再びつなげる…。』何度彼から聞かされたろう。そのために王は蜂起するのだという。ラクレスを引き止めていた女王もついに病に倒れたのだ。シルティは本来それを止めねばならない。しかし彼女はセブリアの巫女としてではなく、愛しい男の無事を祈る、一人の女を選んだ。

ヤンマは二度と戻ることはなかった。
「きっと、何かの間違い、ヤンマ様が死ぬ訳はない。あの強く美しいヤンマ様が…」
  


Posted by やそれでは at 11:55Comments(0)

ムリアから見守ってい

2016年01月22日

タイトル通り、マイは数奇な運命のもとにある。ナノリアの生き残った卵は二つだった。その一つがマイだ、ヒラタ大臣はラクレスたちから逃がすため、フローラ国に王女を運ぼうと皇室纖形 電話した。しかし追跡してきた「カラスヤンマ」に撃墜される。王女がこのままでは死んでしまう、ダゴスは「ヨミのゆりかご」にマイを収めたのである。やがて王国の危機が去り、マンジュリカーナにより再びマイは甦る。


 レムリアの王女はかつて「リンリン」が人間界で名乗っていた「黒崎マイ」としてなっぴとともに人間界で暮らす。そのマイに送られた巫女の名前は「ヒドランジア」と言う。その役割、その覚醒は未皇室纖形 facialだに不明である。このマイは封印の術が飛び抜けて優れている。しかしそれ以外はまだ未熟だ。「日本アカデミア」にはオブザーバーとして参加している途中、セイレと知り合うのだった。少しお姉さんだからセイレには命令口調だ。

 しかし、なっぴも知らなかったのだが、「七色テントウ」の「ナナ」を覚醒させたのはマイの力だ。そしてマイが持つその力がなっぴの危機を救う事になる。

 本編にはマイは無くてはならない巫女である。なぜなら「ヒドラdermes 激光脫毛ンジア」とは……


テンテンが人間界に現れなければ、なっぴのお話は、はじまらなかった。テンテンは人間界では虹色テントウとしてなっぴのコマンダーとして動き、数々のなっぴの危機を助けた。やがて、王国に帰り由美子とともにラクレスと立ち向かう。

 今ではバイス(現在はレムリア連邦大王のドルク)の妃として要職に就いている。双子の妹リンリン(ゲンチアーナ)は現在身重のため二人は由美子、なっぴをレるのだ。 

 現在レムリアの五大巫女はその力のほとんどを失っている、動けるのはデュランタとゲンチアーナ、虹色テントウの姉妹だけだ。コンバーターにより、王国からなっぴのサポートをするデュランタ。巫女たちの復活を祈り続けるシルティ。そして王国のムシビトたち。

 「王国に最大の危機が訪れた時、虹の戦士が現れる」
王国最大の危機とは、まさにこの事かも知れない。


  


Posted by やそれでは at 17:08Comments(0)

海外旅行をする

2016年01月18日



というラジオCM が流れていたのは1970年初頭の事だった。
その後に続く言葉は、
「40円でアルバイト情報(誌) を買い、アルバイトを選ん探索四十 洗腦で10円で電話をかける」
そこで稼いで海外旅行に行こう、というもの。
ナイスなCM だった。

それまでの時代は、アルバイトをする学生を「苦学生」という
なんともカタ苦しい表現があったが、
70年代以降は、学生アルバイトは、すっかりとイ回收傢私メージを変えた。

アルバイトを紹介する雑誌は、学生の必須アイテムとなり、
さしあたって必要がなくても手にしているものだった。
いしいひさいち氏の出世作『Oh!バイト君』は、
その一つ「アルバイト情報」誌に掲載され、
ドジなバイト生を描いた4コマ漫画は、格段に面白かった。

それまでイデオロギーに縛られていた学生を
自由な世界へと駆り立て、
アルバイト代が、若者文化のよき軍資金に皇室纖形 facialなった。

軍資金の使途は、
地下映画劇場で3本立て300円程度の映画を見たり、
ジャズ喫茶でタバコをくゆらし、
ワザワザ出掛けて、サブカルチャーの演劇などを見て、
呑みながら議論する。

そんな”サブカルチャー”のイベントを知らせる情報誌の一つが
「プレイガイドジャーナル」誌であった。
発行が1971年。版型がB6判サイズのいわゆるミニコミ紙。
書店で手に入れるというより、
映画館の入り口やジャズ喫茶などに置かれていて、手作り感が一杯だった。
そんな情報誌だったが『ぴあ』などに押され、いつの間にか見なくなった。

この「プレイガイドジャーナル」誌は、
「日本で最初の情報誌」ともいわれたが、モデルは、
パリの情報誌「パリスコープ(Pariscope)」だったようだ。
パリではよく知られた存在。こちらもその版型はB6判。

パリスコープは、ウェブに変わったが、
様々なカルチャーを紹介する貴重なページとして存在している。

さすがに、その頃は「50円で海外旅行」は出来なかったが、
今は夢ではなく、海外旅行は簡単に行く事が出来る時代になった。
あれから、
時代は大きく変わって行った、、。
  


Posted by やそれでは at 11:39Comments(0)

絶対に肝心な所は教え

2016年01月13日











 専門家に来ていただき、そのお話を伺っている最中に、わたしの横にいた浅い知り合いが、自身もその知識を持っているらしく、小さな声で補足説明をしてくれたり僅かな見解の相違(あれでもいいけど、こうでもいいのよ)などを述べてくるので戸惑った。知っていることは教えたい、言わずにいられないタイプの人なのだろうけれど、たとえそれが有益な情報だとしても、その一瞬、前で話をしてくれている人の声に集中できなくなり、凡人の私鑽石能量水は混乱する。
「よくご存知なんですね、そういうお仕事をされているんですか?(知りませんでした~)」 という、相手の想定内であろう反応も、その場ではしにくい。

 一方で、「知っていても教えない」という人もいるわけで、先日も「近所の人にこれ美味しいわね、どうやって作るの? コツはなに? ってよく訊かれるけど、てあげない」と言う知人の言葉を聞いて、「企業秘密なのね」と笑っ鑽石能量水てしまった。
 意地悪っぽい感じでもなく、ただ、自分が工夫してやっと辿り着いた方法を、ホイホイ人に教えたくないと拗ねたよう言うのだ。近道を聞いておいて使わない人や、単に自分の知識として他人に流してしまう人だっているからかもしれない。

 そういう「教えたがらない人」は、料理ブログなんて絶対にしないだろうな……。ということは、むかし彼女に教えてもらったレシピにも、なにか足りない行程があったのかしら……なんて、つい疑ってしまった。もっとも、私も一から十まで書かれた通りにはやらないのだから、どっちだって同じよう鑽石能量水なものなのだけど。

  


Posted by やそれでは at 13:39Comments(0)