スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

アの声は静かだっ

2016年03月07日

「グエリグの指輪!」トロールは勝ち誇った声で叫んだ。「エレニアのスパーホークがグエリグの指輪を持ってきた。指輪があるのを感じる!」恐ろしい咆哮を上げて、トロールは棍棒をうならせながら突進した。
 クリクの棘つきのフレイルが、トロールの太い左腕からかなりの量の肉をむしり取った。しかしグエリグは気にも留めない様子で、なおも棍棒を振りまわしながらスパーホークnuskinに追い迫る。左手はまだしっかりと王冠を握りしめていた。
 スパーホークはじりじりと後退した。グエリグが王冠を握っているあいだは、滝壺の深淵から引き離しておかなくてはならない。
 クリクがさらにフレイルを振るったが、グエリグはあわてて身をかわし、鎖の先の棘つきの鉄棒は毛深い腕をとらえることができなかった。どうやらさっきの一撃が見た目以上に苦痛を与えていたようだ。スパーホークはその一瞬の隙を衝《つ》いて、グエリグの右肩に槍を突き刺した。グエリグは痛みというより怒りのわめき声を上げ、すぐに棍棒で応酬してきた。
 と、スパーホークの背後からフルートの歌が聞こえた。澄んだ歌声が鐘の音のように、滝の轟音にもかき消されることなく響いてくる。グエリグの目が丸くなり、残忍な口がぽかんと開いた。
「おまえ!」グエリグがわめいた。「グエリグは小娘に仕返しする! 歌はここで終わる!」
 フルートは歌いつづけ、スパーホークは危険を冒してちらりと肩越しに視線を投げた。通路の出口のところに少女が立っていた。背後にセフレーニアを従えている。歌はどうやら呪文ではなく、単にグエリグの注意をそらして、スパーホークかクリクが怪物の隙を衝けるようにしているだけらしかった。グエリグは棍棒を振りまわしてスパーホークを牽制《けんせい》しながら、よたよたと前進した。目はフルートを睨《にら》みつけ、食いしばった牙の奥から激しく息を吐き出している。クリクが背中を一撃したが、グエリグは攻撃されたことにさえ気づかない様子でスティリクム人の少女に向かっていった。スパーホークにとっては好機だった。トロールが目の前を横切りながら棍棒を振るったため、毛深い脇腹ががら空きになったのだ。スパーホークは全身のnuskin力を込めて、古代の槍の広い穂先を肋骨のすぐ下に思いきり突き立てた。剃刀《かみそり》のように鋭い刃が厚い毛皮を貫通し、矮躯のトロールは咆哮した。棍棒を振りまわそうとするが、スパーホークは槍を引き抜いて飛びすさった。そこへクリクがグエリグのねじれた右膝にフレイルを叩きこんだ。骨の砕ける不気味な音が響く。グエリグは転倒し、棍棒を取り落とした。スパーホークは槍を逆手に持ち替え、トロールの腹に突き立てた。
 グエリグは絶叫し、右手で槍をつかんだ。スパーホークは槍を何度もこじって、鋭利な刃で内臓をずたずたにした。しかし王冠はまだしっかりと左手に握られている。手放させるには殺す以外になさそうだった。
 トロールは地面を転がって槍から逃れたが、そのために傷口はさらに大きく広がった。クリクがフレイルを顔面に振るって片方の目をつぶす。恐ろしい叫びが上がり、トロールは貯めこんだ宝石を蹴散らしながら滝壺へ向かった。そして勝利の雄叫びとともに、サラクの王冠を握りしめたまま深淵に身を躍らせた!
 しまったと思いながら、スパーホークは深淵の縁に駆け寄って、絶望のうちに滝壺を眺めた。はるか下方にねじくれたトロールが、想像もつかない闇の中へと落ちていくのが見えた。と、洞窟の石の床を踏む裸足の足音が聞こえ、フルートが漆黒の髪をなびかせて騎士の横を通り過ぎた。恐ろしいことに、少女はためらうそぶりも見せずに縁を越え、落ちていくトロールのあとを追った。「何てことを!」スパーホークは息を呑み、あわてて手を伸ばしたが、少女をつかまえることはできなかった。驚いたクリクも駆けつけてきた。
 そこへセフレーニアもやってきた。サー?ガレッドの剣をまだ手にしている。
「何とかならないんですか、セフレーニア」クリクが哀願した。
「その必要はありませんよ、クリク」セフレーニた。「あの子の身に危険はありません」
「でも――」
「しっ、静かに。耳を澄ましたいのです」
 はるか頭上で雲が太陽の前を通り過ぎたかのように、滝の水に反射する光が少し弱くなった。轟く滝の音が騎士をあざけっているように聞こえる。スパーホークは自分の頬《ほお》が涙に濡れていることに気づいた。
 と、深淵の深い闇の底に閃光のようなものが見えた。その光は徐々に強さを増しながら、無明の闇の中を上昇してくるように思えた。近づいてくるにつれて、はっきりした形が見えはじめた。それは純白の光の棒で、先端だけが強烈に、青く輝いていた。
 ベーリオンだった。白く輝くフルートの小さな手の上に載ったベーリオンが、深淵の底から上昇してくるのだ。スパーホークは息を呑んだ。フルートの身体を通して向こうが透けて見えている。闇の中から上昇してきたものは、霧のように実体がなかった。フルートは小さな顔に冷静で落ち着き払ったnuskin表情を浮かべ、片手でサファイアの薔薇を頭の上に捧げ持っていた。もう一方の手でセフレーニアを差し招く。愛する教母が深淵の上に足を踏み出すのを見て、スパーホークはぞっとした。
 しかしセフレーニアは落下しなかった。  


Posted by やそれでは at 11:17Comments(0)

c

2016年03月07日

「仕事ですからね、小さき母上」スパーホークが答えた。「何をどうするか、きちんと決めておかなくてはならないんです。どうか邪魔しないでください。よし、クリク、行こうか」従士に声をかけ、堂々と通路を歩いて宝物庫に踏みこむ。姿を隠そうとする努力はしなかった。
 宝物庫は驚くべき場所だった。天井は紫色の靄《もや牛奶敏感》の彼方に隠れ、流れ落ちる滝は輝く金色の霧の中に突っこんで、想像もつかないほど深い滝壺へと吸いこまれ、その底から虚《うつ》ろな咆哮を轟《とどろ》かせている。眼路の限りにどこまでも続く岩壁には金の露頭や鉱脈が走り、国王の身代金よりも価値のありそうな無数の宝石が、虹色の揺れる光にきらめいている。
 矮躯のトロールのねじくれた毛深い身体は、滝壺の縁のところにうずくまっていた。そのまわりには純金の塊やさまざまな色合いの宝石が山と積まれている。グエリグの右手には、サラク王の汚れた黄金の冠が握られていた。そこに嵌《は》めこまれている宝石こそサファイアの薔薇、ベーリオンだ。ベーリオンは流れこむ水に反射する光を受けて輝いているようだった。スパーホークは地上でもっとも貴重な宝石をはじめて目の当たりにして、しばし驚異の念に圧倒された。気を取り直し、古代の槍を低く構えて足を踏み出す。セフレー母乳餵哺ニアの呪文が自分のしゃべる言葉にも効いているのかどうかはわからなかったが、この不気味な怪物に声をかけるべきだという強い衝動が騎士の内心から突き上げてきた。言葉もかわさずに背中から槍を突き立てるのは、騎士としての誇りが許さなかったのだ。
「ベーリオンを受け取りにきた」スパーホークはそう声を上げた。「わたしはサレシア王アディアンではない。だから罠《わな》をかけるような真似はしない。欲しいものは母乳餵哺力によって奪い取る。できるものなら守ってみるがいい」騎士としては、これがこの状況でできる精いっぱいの挑戦の宣告だった。
 グエリグがねじくれた身体を起こして立ち上がった。激しい憎悪に厚い唇がめくれ上がり、黄色い牙がむき出しになっている。
「グエリグのベーリオンは取らせない、エレニアのスパーホーク。グエリグが先に殺す。おまえはここで死ぬ。グエリグが食べる。青白いエレネ人の神には、もうスパーホーク救えない」
「それはまだわからんぞ」スパーホークは冷たく答えた。「一度だけベーリオンを使ったら、アザシュの手に渡らないように破壊する。今すぐ渡すか、死ぬかだ」
 グエリグは恐ろしい笑い声を上げた。
「グエリグが死ぬ? グエリグは不死身だ、エレニアのスパーホーク。人どもに殺せない」
「それもまだわからんぞ」スパーホークはわざとゆっくりと槍を両手で握り、矮躯のトロールに迫った。クリクは棘《とげ》つきのフレイルを手に通路から出てきて、トロールの側面に回りこんだ。
「二人か。スパーホークは百人連れてくるべきだった」トロールは身をかがめ、鉄の帯を巻いた巨大な石の棍棒を宝石の山の中から引っ張り出した。「グエリグのベーリオンは取らせない、エレニアのスパーホーク。グエリグが先に殺す。おまえはここで死ぬ。グエリグが食べる。アフラエルにも、もうスパーホーク救えない。人どもはもうおしまい。今夜はお祝いする。焼いた人ども、肉汁たっぷり」グエリグは音を立てて舌なめずりをした。ぐっと胸をそらす。毛に覆われた両肩の筋肉が盛り上がった。トロールの場合、矮躯という言葉に欺かれてはいけないのだ。小さいといっても背丈はスパーホークと同じかそれ以上だし、老木のようにねじれた腕は膝の下まで届いている。顔は髭面というよりも、毛むくじゃらというべきだろう。緑の瞳には邪悪な色が宿っていた。巨大な棍棒を右手で振りまわしながら、よろよろと進んでくる。左手にはベーリオンの嵌めこまれたサラクの王冠を握りしめたままだった。
 クリクが進み出て、フレイルで怪物の膝を狙った。グエリグはその一撃を棍棒で受け、ばかにするように、うめくような恐ろしい声を上げた。
「逃げろ、弱い人ども。肉はみんなグエリグの食べ物」言うと同時に棍棒を振りまわす。異常なほど長い腕のために、単純な武器でも危険は倍加していた。クリクが飛びのくと、鉄の帯を巻いた石の棍棒がうなりを上げて鼻先をかすめた。
 スパーホークは突進し、トロールの胸に槍を突き立てようとしたが、やはりグエリグは楽々と受け流した。
「遅いな、エレニアのスパーホーク」笑い声が上がる。
 そこへクリクが左の尻にフレイルを叩きつけた。グエリグは後退したが、同時に猫のようにすばやく、棍棒で宝石の山を一撃した。無数の宝石が飛礫《つぶて》のように飛び散り、あいている左手で目をぬぐった。額が切れて血が流れていた。
 スパーホークはふたたび槍を繰り出し、バランスを崩したトロールの胸に軽い傷を負わせた。グエリグは怒りと痛みに咆哮し、よたよたと前進して棍棒を振るった。スパーホークは飛びのいて、冷静に隙《すき》をうかがった。トロールは恐怖というものを知らないらしい。致命傷でない限り、どんな傷を負わせても退却はしないだろう。グエリグは文字どおり口から泡を噴き、緑の目はぎらぎらと狂気に輝いていた。呪詛の言葉を吐き出すと、恐ろしい棍棒を振りまわしてふたたび前進してくる。
「滝壺の縁から遠ざけるんだ。あそこに落ちたら、王冠は見つからないぞ」クリクに声をかけたスパーホークは、そこに鍵があることに気づいた。何とかしてトロールに王冠を手放させるのだ。長い腕を持ち、目を狂気にぎらつかせたこの毛むくじゃらの怪物を圧倒するのに、二人くらいでは足りないことはもはや明白だった。だが注意をそらすことさえできれば、懐《ふところ》に飛びこんで致命傷を与えることができるかもしれない。騎士は右手でクリクの注意を引き、手を伸ばして従士の左|肘《ひじ》を叩いた。クリクは一瞬戸惑った顔になったが、すぐに理解してうなずいた。クリクはフレイルを構えたままグエリグの左手に回りこんだ。
 スパーホークは槍を両手で握りなおし、フェイントをかけた。グエリグが棍棒で武器を叩こうとすると、すぐに引っこめる。  


Posted by やそれでは at 11:17Comments(0)

たちが近くの丘を越

2016年03月01日

「あのほうがずっと楽しいでしょう、サー・ベヴィエ」
 ペロシア人貴族の夏の別邸の内装は、外装よりもさらに豪華だった。壁にはみごとな彫刻を施した高価な木材が使われ、床と暖炉はすべて大理石で、家具には最高級のブロケード織の布が如新nuskin產品かけられている。召使は控え目だがよく気がつき、何も言わなくてもなすべきことはすべてやってくれた。
 スパーホークたち一行は、ちょっとした舞踏室ほどの大きさのある食堂で豪華な夕食を摂《と》った。
「これこそが人生ってもんだよ」カルテンが満足げにため息をつく。「なあスパーホーク、どうしておれたちはちょっとした贅沢《ぜいたく》にあずかれないんだろうな」
「われわれは教会の騎士だからな。清貧によって鍛えら如新nuskin產品れるんだ」
「それだって程度問題だろう」
「具合はどうですか」セフレーニアがベヴィエに尋ねた。
「だいぶよくなりました。今朝からまだ一度も血を吐いていません。明日は普通駆足《キャンター》でも大丈夫だと思いますよ、スパーホーク。今のペースだと時間がかかりすぎるでしょう」
「もう一日だけ楽なペースで進もうと思う。地図によると、ヴェンネから先は少々道が険しくて、人もほとんど住んでいないらしい。待ち伏せには絶好の士地だし、尾行してく如新nuskin香港る連中もいる。きみとカルテンとティニアンには、身を守れる程度に回復しておいてもらいたいんだ」
「ベリット」クリクが見習い騎士に声をかけた。
「はい」


「ここを発《た》つ前に、一つ頼まれてくれないか」
「何でしょう」
「明日の朝一番にタレンを中庭に連れ出して、徹底的に身体検査をしてくれ。この館のご主人はとても親切だった。不愉快な思いをさせたくないんでな」
「どうしておいらが何か盗むなんて思うのさ」タレンが不平を鳴らした。
「どうしておまえが何も盗まないなんて思える。転ばぬ先の杖だ。この屋敷には小さくて高価な品物がたくさんあるからな。たまたまそのうちのいくつかが、おまえの服の隠しに転がりこむかもしれん」
 寝室のベッドは羽毛を詰めてあり、ふかふかしていて気持ちがよかった。翌朝は夜明けとともに起き、たっぷりした朝食を腹に収めてから、一行は召使たちに礼をいい、待っていた馬にまたがって出発した。昇ったばかりの太陽は黄金色に輝き、頭上には揚げ雲雀《ひばり》の声が聞こえた。馬車の中からフルートが笛の音を合わせる。セフレーニアはだいぶ元気になったようだったが、スパーホークの意見でやはり馬車の中に座っていた。
 正午少し前くらいに、獰猛な顔つきの男えて疾駆《ギャロップ》で近づいてきた。革製の服とブーツを身に着け、頭を剃り上げている。
「東部辺境の部族民だ」前にペロシアにいたことのあるティニアンが警告の声を上げた。「気をつけろ、スパーホーク。情け容赦のない連中だぞ」
 丘を下ってくる一団の馬の扱いは水際立っていた。腰帯には恐ろしげなサーベルをたばさみ、短い槍《やり》を持って、左の腕には丸盾《ラウンドシールド》をつけている。頭目の短い号令でほとんどの者たちがいっせいに馬を止めた。馬の尻肉が震えるほどの急停止だった。五人の手下とともに頭目が前に出る。頭目は目つきの鋭い痩《や》せぎすの男で、頭には無数の傷痕があった。六人がこれ見よがしの技巧で馬を脇に寄せる。たくましい馬たちの動きはみごとにそろっていた。それから六人は槍を地面に突き刺し、華々しい身振りで輝くサーベルを引き抜いた。
「だめだ!」スパーホークたちが本能的に剣を抜こうとするのを見て、ティニアンが叫んだ。「これは儀式なんだ。じっとして」
 頭を剃った男たちは堂々たる歩きぶりで前進した。何かの合図で六頭の馬がいっせいに片膝《かたひざ》をつき、乗り手は手にしたサーベルを敬礼するように顔の前にかざした。
「こいつはすごい! あんな真似のできる馬は見たことがない」カルテンがつぶやく。  


Posted by やそれでは at 12:20Comments(0)