に支えられて

2015年06月30日



本当の爱情、と僕は思った。ではないに越しに几山河君を爱してるわけでもなく、花前月下のあなたに関わらず私はおまんけんのではなく、時間を過ごして远く、私はいつもあなたの手を繋いで歩いたことがあっ白首にいるはずの暮年;いくら)高校の水が長く、私は永远にあなたを心に辞めると心に大きな打撃を受け、どれくらいきました。一审判、あなた白髪をほころばせ迟暮私が、私たちはお互い歩いて落日の下にあますクルーズでなくて、あれは斜めに映った光の中の後ろ姿を見送って、やっと本当にこれを「愛」を発表した。

いつも1つの小さいし、願いが心から爱する人と海へ行くと一緒に歩き、待くんそよ风の中で、私は軽いゅうてん髪、両手に私の腰に手を回して私がもたれてあなたに抱かれたまま、任白プリーツ角は訪う髪が恣意的に舞い上がるクチクラ風の中で、よりはビーチで淹」い『れ、あなたは私の爱を守っていくことに、あなたは私の気持ちを込めて、それはきっと仆が最もロマンチックなこと……

临江南(けん暇がときにも行ってみたい赏を泳いで1回西湖の美しい景色です。ただ、更に美しい风景できないものなのは爱してそれで美しいひとがそばにいるだけで計都築逢引きだ。
  


Posted by やそれでは at 17:33Comments(0)

りに最善を尽

2015年06月24日



これは1つの平凡な世界の余地はない庸人自扰地感伤的になって花が咲く無期いらず囲沈丁花しようとした、と一部の妖艶照れて地存分に咲いている生命壮だった。一方だけで肥沃な浄土、それらが奔放にあふれた青春活気があふれている。花は贵人に喜び、実くしたけん万香りがします。と考えてきたのではないかという主張を探して私の心の中の花、私は喜びのような春は毎年、私に出会った。

滑りプレジャア黄色の帰り道、一面の黄金色にさわやかな香りを聞きながら軽くから流れのソフトなメロディ。心」めぐ『らし未曽有の衝動のほかにも、何か理由が幸せでない付着していた。私は音とともにんだなと実感して春の美しさ、不在で高慢な枝に独自に咲いて、不在梨壁内で寂しい満开ではなく、適当に承諾して妙な野原の伸びやかに切って、春の恋をした。

三月は、私を蓄えてその庭の未練を巡って未啓コケティッシュな、偏ったのがそんなに长い,迷う単なると広い心だ。ぬかるみの沼から出て、春がすぐ目の前に、ぱっくりとほのかな生活の中で、あなたは私のことを性急に歩いたことがあっての道端で、私は静かに繁花似锦の海でたくない、行くのものになります。

  


Posted by やそれでは at 17:17Comments(0)

はないかと

2015年06月06日



人々はは花の美しさをしていたら、好きな花の美しさを内包しなければならない」と口にできていて、美しい花が「完璧な、実际には、これらの多くは、文人向日葵纖體美容投訴たちが人為的に付けたと、花の用途旨い?草が多いという意味だ。は草の时、人々はけちくさい多くだけで、あまり闻く賛美草の美しさに、実际には、草の用途は确かにも多かったが、草は強い生命力を持っているが、豊富なコンテンツをならではの草は病気を治していただけるの薬、见渡す限り広がる草原は更に畜産業への基礎資源だ。こんなにも重要な草しようとしたが、殺人が行なわれた賛美草は可爱いですね。。してみると、花の美しさは、花の効果もあるという。草があっても、内包しているのもで、病気を治した良薬で、依然としてあまり人が绝賛草は美しかった。必要はなくます愚痴をこぼしている人々には草で何の公正な不公正をふりかざして考えだったが、そのときも咲いもろもろのしようがないことです。

同じ」と言われるように、人の美しさに、真善美な者には天使に偽の善最后と彼女は美人祸水だった。その慈禧太后葉「ヘラもあれば王の美貌が誘致もあれば、清江山の花言葉を実質的に掌握し、最後にはひとつの国権の破倫だった。地暖美しい女の人がそうだったから、自体はきれいな女性のシャローンストーン善良と機知に富んだ、それが今日まで悪妻だった。見分けにくいは好き嫌いに行ってこの世の良莠をよく知っている。

外から判断するのは難しい」と「真実だった。

雾の水中望月足りない部分はあのひとペアの慧眼」だった。この世界は纷扰煩雑なんひとペアの慧眼ましょう、私はこの世界のどこにも間近にはわかってとともにだった。

外見と深みのあるデファードタイムで合といっても、可一匹狼には书きます。
  


Posted by やそれでは at 12:03Comments(0)

風景は数え切

2015年06月06日



もはやだと思っていたマスターした訴えなければ、あの爱と哀愁がただ漆黒のような水迹だけだった。かつて自分に教えて、すべてのすべてを知らないNeo skin lab 介紹人けど、いわばの塵してるんですけど、伤だらけの回は、痛いとき、泣くの回は、笑ってみたいです。ぴどく痛くなた泣いて、それからはすこし笑って、悔しく、これは生活だ、それは人生で行くのは、すべて行きましょう。なのに、なぜかそれとも可爱着であってもあなたの时间ですか?どうしてかえってなつかしの思いをたたえて不器用だったのだろうか。なぜ涙さえも与えじっとりしめった时だったのだ安利呃人ろうか。希望すれば、多い逆説一道(心の壁を乗り越え、不凍液惨め風雪を経て、これ、すべての痛みは、自分を担い、自分に教えて、学の强いなくて、君に执着しなければならない。

もしかしたら、私达はすべてが多い理由にくねくねひとりの人が好きでも同様の多い理由にくねくねとに応えることが一人、行かないあなたへ入っていくと、私の生命の原因は訊いて立ち去った理由はない、あなたは失约この春の人间としても、欠席私の四季だ。あなたのよう實德環球なことはできないが、依然として云しか道はあなた失约昨日今日のことではない。

人生は、絶えずの上を歩いて、沿道のれない、とは打って変わった風景を違っての感じがあって、私は知っている。私の次の駅である会邂逅何色の景色をもわからないのだろうか?谁の目に引かれ、谁の心です。しかし、私は知っていて、あなたとの関係の記憶ではずっと気付かない私の四季の壁があって、それ边陲町は記憶の中で最も美しい所だ。

閉まって心の扉、黙っているのかもしれなかった。远いかもしれないかもしれないだろう。

宗介は、ある日、開けば名器の扉には、空の明るさを取った1階の黄金色に軽いス吐息をつき、まつげ噏と、すべてが終わって、静か波澜不惊陆、私はあなたのことを忘れ、微笑を浮かべて私に戻るのではないかともの顔……

  


Posted by やそれでは at 12:00Comments(0)