に支えられて

2015年06月30日



本当の爱情、と僕は思った。ではないに越しに几山河君を爱してるわけでもなく、花前月下のあなたに関わらず私はおまんけんのではなく、時間を過ごして远く、私はいつもあなたの手を繋いで歩いたことがあっ白首にいるはずの暮年;いくら)高校の水が長く、私は永远にあなたを心に辞めると心に大きな打撃を受け、どれくらいきました。一审判、あなた白髪をほころばせ迟暮私が、私たちはお互い歩いて落日の下にあますクルーズでなくて、あれは斜めに映った光の中の後ろ姿を見送って、やっと本当にこれを「愛」を発表した。

いつも1つの小さいし、願いが心から爱する人と海へ行くと一緒に歩き、待くんそよ风の中で、私は軽いゅうてん髪、両手に私の腰に手を回して私がもたれてあなたに抱かれたまま、任白プリーツ角は訪う髪が恣意的に舞い上がるクチクラ風の中で、よりはビーチで淹」い『れ、あなたは私の爱を守っていくことに、あなたは私の気持ちを込めて、それはきっと仆が最もロマンチックなこと……

临江南(けん暇がときにも行ってみたい赏を泳いで1回西湖の美しい景色です。ただ、更に美しい风景できないものなのは爱してそれで美しいひとがそばにいるだけで計都築逢引きだ。
  


Posted by やそれでは at 17:33Comments(0)