あばた顔の悪漢の体を一

2016年07月26日

 ガリオンはポルおばさんの袖をつかんで彼女を明かりから遠ざけようとした。
「よしなさい!」彼女はそう言ってガリオンの手を払いのけた。矢がもう一本、霧に霞んだ木木の中から飛んできた。ポルおばさんは蝿でもはらうように手をさっと振って、ひとつの言葉を口にした。矢はなにか固いものにぶつかりでもしたかのようにはじかれて地面に落ちた。
 つづいて、馬がいななくと同時に、筋骨たくましい荒くれ男の一団が森の縁から飛び出し、剣をびゅんびゅん振り回しながら水しぶきをあげて小川を渡ってきた。バラクとヘターが賊に立ち向かうために突進していくと、レルドリンはテントから抜け出し、目にも止まらぬ早さで次々と矢頭髮保養を放ちはじめた。その瞬間、ガリオンは友だちの勇気を疑った自分を恥ずかしく思った。


 押し殺したような叫び声があがったかと思うと、賊のひとりが喉に矢を突き通したままあとずさりした。さらにもうひとりが胃をつかみながら体をくの字に曲げ、うなり声をあげて地面に倒れた。三人目はかなり若く、頬に薄い綿毛のようなひげを生やしていたが、これもまたドサッとくずれ落ち、うずくまっ整容たまま胸から突き出した矢柄の羽を引き抜こうとしていた。子供っぽい顔には恐慌の色が浮かんでいる。やがて溜息をつくと、鼻から血をしたたらせたまま、ごろりと横倒しになった。
 みすぼらしい身なりの男たちがレルドリンの放つ矢の雨の下でふらふらしているのを見てとると、バラクとヘターは飛びかかっていった。バラクは重い剣を大きくひと振りして、宙をさぐっていた刃をこっぱみじんに打ち砕き、それを持っていた黒ひげの男の首と肩のあいだを斜めにザクッと斬り中醫腰痛つけた。男はその場にドサッとたおれた。ヘターはまず素早い動作でサーベルを振るように見せかけたあと、息に刺し抜いた。ヘターが刃を引き抜いたとたん、その男は体を硬直させ、口から真っ赤な血を吹き出した。ダーニクは斧を片手に突進し、シルクもベストの下から短剣を抜いて、ぼさぼさの茶色のひげの男めがけてまっしぐらに走った。そしてここぞという瞬間、頭から飛び込んでくるりと回転し、両足でひげ男の胸をまともに蹴りつけた。それから間髪を入れずに起き上がると、短剣で敵の腹を引き裂いた。刃で下から上に引き裂くとき、湿っぽい、びりびりという音がした。斬られた男は自分の胃をつかみ、青っぽい色をした臓物のとぐろが出てくるのを必死におさえようとしていたが、それらは指のすきまから湧き出るようにこぼれ落ちた。
 ガリオンは自分の剣を取ろうと荷物に飛びついたが、やにわにうしろから荒々しくつかまれた。かれはしばらくもがいていたが、次の瞬間頭のうしろに猛烈な一撃を食らうと、目蓋のうらにチカチカと星がまたたいて、何も見えなくなってしまった。
「おれたちがさがしてたやつはこいつだ」意識が薄れていくとちゅうで、ガリオンはしゃがれ声がそう言うのを聞いた。
  


Posted by やそれでは at 11:33Comments(0)