スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

あえず十分というこ

2016年06月28日



「イケメン」、最初に聞いた頃、「行け行け男」のことだと思っていた。なんのことなの? 半分眠っているような状態でいると、くだらない連想。イケメン=池で溺れている男、畏敬する男、ラーメンの一種、いけ好かない奴、胃痙攣の男、そして馬鹿のことをジャズメンという。邪頭面と書く。「アラフォー」もなんのことか分からなかった。あら? もう、四十なのぉという意味のように聞こえた。アラサーは粗さと聞こえる。アラフィフ、アラシー、アラセブ、アラエイ、アラナイ、アラハン、高齢化社会だからどこまで行くのかSCOTT 咖啡機しら? 五十六歳がじいちゃんなのか若いのか? 分からない。ソニーロリンズが昨日で八十五歳。

今朝、早朝五時ぐらいに高速十五号を走っていた。パリが近付いてくる。クリシーの手前に
セーヌを渡る大きな橋。ゆっくりと左にカーブしている。この橋の上からパリの街が映画の書割のように見える。こんなプラモデルみたいなとこに二百万人以上が犇いているのだなぁーとか、五時だというのに、もう、結構な車が走っている。なんか金鉱に群がるシロアリみてぇーだな。俺もその推拿一匹かよぉーとか、ライトアップされたパリが廃墟に見えたり、巨大な墓地に見えたり、車を運転しながら思索と脳内詩作。

ずっと、ジャズの専用局を聴いている。いろいろなピアニストの曲を聴く。当たり前だけれど、この一流どころばかりなのだけれど、皆、全然違う。技巧派、そんなに上手くないけれどソウルで聴かせる人、格好いい和音を連発する人、諸々の諸々。技巧が先走っている系は、やはり、自信と自意識とプライドがむんむんしていて、やや、うざい。それと、私はモード系、つまり、マイルスデイビス系列、ないしフリージャズ、こちらはジョンコルトレーン、この二つがやはり好きであることが自分で分かった。まあ、マイルスは別格だ。あの哀愁のあるトラン
ペットは彼にしか出来ない。超絶技巧派ではないけれど、素晴らしいの一言。コルトレーンは初期の頃は、あんま良くない。ぎこちないし、今一つ自分の音になっていない。しRF射頻かし、ある一線を越えた後の彼の演奏は超絶的である。技術的以上に、そのエモーションは圧倒的。それから、初期の頃のビルエバンスはやはりモダンジャズピアノの原型。ハービーハンコックはブルーノート系の最高峰。キースジャレットは自信自己顕示プライドの塊ではあるけれど、彼の技術以上に、そのスピードとスイング感はダントツ。結局、自分のピアノがなんなのか良く分かるのである。私は、彼らのいいところを摘み食いしつつ、イサオ節を構築してきたことが分かる。技術レベルは比較対象にならないぐらいに低いけれど、明らかにイサオ節というものがある。まあ、とりとにしよう。それと、なんか、私は「メロディーラインを残したフリージャズおよびなんとなくお笑いの要素を含んだ演奏および存在感」、おっ、癒し系フ
リージャズ?昔、わだひろしとマヒナスターズというバンドがあった。「マヒナ」、ミュージッシャン用語。=「暇な」である。私のブロ愚に長期に渡りお付き合い頂いている希少、貴重、世界指定絶滅寸前読者様方は、すでにイサオ節に脳を犯されているからピンときちゃうのだ。ミュージッシャン用語=和音の転回形の日本語版。
  


Posted by やそれでは at 17:36Comments(0)