ちょっとだけ山

2015年09月02日

でも、まだ、アタマの中でシュミレーションしているだけだ。
実際に着手するのは、おそらく具体的に、引越しだとか、リフォ鑽石能量水ームだとか、住まいの形態が変わる時だろう。
それは、老人ホームに入る時か、退院予定のない入院時かも知れない。
決して戻ることがない、片道切符の移動だ。

その時は、体力、気力不足で、きっと出来ない。
で、家族に迷惑をかける???今日のブログの最初あたりに書いた???ああ、またまた、この繰り返し。
お経が二順目になってきた。レコードが同じところを鑽石能量水ぐるぐる回り、針がおかしくなっている。
(レコードって、若い人は、リアルタイムで知っている人はいないだろう)

???

と、書くだけ書いて、半分、すっきり。
いずれ、いずれ、いずれは断捨離する???、つもり???。
オリンピックの話題、ぜんぜん、書いていない。
ひとことぐらい、感想を書いてもいいものだけど。

いま、わたしは、どうやら死んだような脳波になっている。
波は上がりも下がりもせず、静かで平坦。
今日は何日?も、カレンダーで確かめ泡菜 食譜なくてはわからない。
これ、ジョークの世界から抜け出ている。
ブラック?ユーモアも、抜けて、たんに認知症、直前予備軍。
とはいうものの、じつのところ、若い時から、こんなかんじ。
よくまあ、今日まで生きながらえたものだ。

???

山崎豊子さんの絶筆の資料、筋書きが見つかったとか。
戦争は絶対に回避せねば、との強い思いが込められているそうだ。
戦争に青春時代を塗りつぶされた山崎氏は、もっと勉強したかった、と、顔を歪めて訴えておられた。

わたしの母や義母と同じ世代である。崎氏のほうがお姉さんか。
昨年、88歳で亡くなっている。

旧制京都女子専門学校(現在の京都女子大学)国文学科卒。
毎日新聞勤務の後、文筆活動。
国文科って、こういうことを言うのか。
新聞社って、こういうことをするのか。
ふむふむ納得。
船場の生まれ、ということで、あれ、お嬢さんなのかな?と思いきや、
老舗昆布の「小倉屋山本」の娘さんだったんだとは、知らなかった。
なるほど。
  


Posted by やそれでは at 09:49Comments(0)